軽い気持ちで聞いてくれ

しあわせって 何だっけ 何だっけ🎵

てな歌が何年か前に流行ったような、そうでないような

【幸せ】って何だっけ?

人それぞれだと思うけど、僕は【幸せ】って【想う、想われる】事なのかなぁ、、、と思います。

家族から想われる
恋人から想われる
友人から想われる
同僚から想われる etc.

家族を想う
恋人を想う
友人を想う
同僚を想う etc.

何だよ唐突に、、ですよね。

私事なんですが、少し前から夫婦で【ある人】の支援をしています。里親とか養子ではなく(考えた時期もあったんだけどね)、あくまでも支援。

(支援という言い方はおかしいかもしれない。そんな言葉もあてはまらないからね。繋がりと言った方がいいのかな)

でも、背景が複雑なこともあり、色々と難しい・・・。あきらめはしないけどね。

僕たちは【ある人】を想う
【ある人】も僕たちを想う

今はそれがとても幸せです。

オチはない

ハヤシダでした。

| | トラックバック (0)
|

ご報告

おはようございます!にこるです。

わたくしごとですが、ご報告です!

4/8 に息子が誕生しました♪ 萠生(もい)といいます。

育児は大変ですが、夫婦協働して一生懸命取り組んでいます。

これからの成長が楽しみです☆

| | コメント (0)
|

お世話になりました

こんにちは。

スイーツ部平部員のくばです。

実は。

この度退職することになりました。

経理担当者としてサポネにお世話になるようになって早、3年半。

自由に仕事をさせてもらい、楽しく過ごさせていただきました。

今後は、道半ばで放り出してしまった資格取得の勉強の再開と、

お仕事を一から勉強し直したいと思っています。

頭の固い私にとって、様々な価値観と共存するサポネスタイルは

とても刺激的で、勉強になるものでした。

ここで学んだことは、今後の私の人生にとって宝物になると思います。

本当にありがとうございました。

今後は、スイーツ部の活動のみの参加となりますが、サポネのことを

外から応援しています!

ありがとうございました!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

さくら

友が旅立ちました。

立場上「友だち」とは言えませんでしたが、私の中で、彼は、ずっと昔から「年の離れたやんちゃな友だち」でした。

彼は、子供の頃から、自分のために誰かがガマンすることをとても嫌がる人でした。普段はいたずらっ子だった彼も、そのような選択をしようとすると、顔をゆがませながら強く「ノー」を言ってこられました。
そして、彼は自分が嫌なことについても、とても素直に「ノー」が言える人でした。
そんな「ありのまま、我がまま」な彼の生き方がダジャレ犬は大好きでした。

彼の旅立ち以後、なぜか、ダジャレ犬の「ありのまま 我がまま」スイッチがオンになってしまったように感じています。

もしかしたら、ダジャレ犬はこれから、周囲の人に対して「ちょっとやっかいな人」になってしまうかもしれません。(今でも充分やっかい?)

「散るさくら 残るさくらも 散るさくら」という良寛さんの句があります。
私たちは皆、いつかは分かりませんが、いずれ散っていく、さくらです。
彼の旅立ち後「多少やっかいでも、もっと本音の部分から周りの人に対して愛情深くなりたい」と感じるようになりました。
その方が、またいつか、彼にあった時、たくさんの「オモロ苦しくて、あたたかい土産話」を持って行けるように思います。

ほんとうに ほんとうに ありがとう。
また、遊ぼう。

ダジャレ犬より


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

年1回の恒例行事

こんにちは。くばです。

今年も気が付けば1か月終わっており、びっくりですwobbly

 

この時期、くば家は毎年お伊勢さんに詣でます。

そんで、有馬に1泊お泊りです。

移動距離がそこそこなので、そこそこヘビーですが

これが遠足みたいでなかなか楽しいのですhappy02

 

今年は雨のお伊勢さんをしっとりとおまいりしました。

Img_0118cg_3 

 

 

 

 

寒かったですが、定番の赤福ぜんざいをいただいて、ほっこりcatface

私の定番、チョコレートケーキは売り切れで、残念weep

 

でも、気を取り直して有馬へGO!rvcar

初日は1日雨でしたが、翌日は雨も上がってお散歩日和。

温泉もたっぷり入ったし、お散歩もたっぷりしたし。

 Img_0162cg_2
 
 

 

 

 

我が家定番の釜めしを買って、ゆっくりと帰路へとつきました。

 

今年も家族で無事に過ごせるよう、笑顔でいられるよう、

そんな気持ちで過ごした2日間でしたhappy01

皆様にとっても良い1年となりますようにnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

断捨離その後

前回、断捨離したと書いた秋山です。

断捨離したそのあと、(といっても完全に、徹底したわけではないですけど。)
少し散らかっても、すぐに回復!!
掃除がしやすくなりました!
さらに、掃除をする回数が増えた!

もう少し、きちゃないところもありますが
部屋が広くなったような感覚です!
もー少し狭い部屋に引っ越しても余裕じゃない?!
などと、調子をこいています。
あと、無駄遣いをしなくなりました(これ、ほんとにすごい)
部屋が散らかってたときと比べると
心の落ち着きがえらい違います
気持ちが散らかっているときは、片付けしようと思ってもなかなかできません┐(´д`)┌
でもできないときは、できない。
それでいーじゃん!!
次は何をしようかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ホテルで栗拾い!

こんにちは。スイーツ部平部員のくばです。

秋ですね!

秋といえば、食欲ですよね!!

ということで、秋の部活動報告です!

今回はホテルニューオオタニのスイーツビュッフェに参戦してきましたhappy01

コンセプトは ‘ホテルで栗拾い‘ 

コンセプト通り、栗のマロンタルトにマロンプリンに栗のロールケーキetc

栗をつかったスイーツが山盛りでしたnote

Img_2337が。

ガッツリ系のメンバー二人がロックオンした

のは、サンドイッチとハヤシライスcoldsweats01

スイーツ前にガッツリ食事をしていました。

でも、サンドイッチもハヤシライスもサラダも

スープも、美味しかったですhappy02

もちろん、おなか一杯いただきましたともpig

そして、お腹が一杯になった後はお散歩run

Img_2341_3
大阪城公園をぶらぶらしながら秋を満喫

しましたmaple

秋の休日。

充実した活動日でしたhappy01

さぁ。次はどこに行こうかな。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

読書の秋

読書の秋

お勧めの本1.

「沈みゆく大国アメリカ」「沈みゆく大国アメリカ・逃げ切れ日本の医療」堤未果 著。(集英社新書)

日本の健康保険のすばらしさを再認識させられる。「アメリカには、社会保険がない」と以前から聞いてはいたが、先進国なのに。○○がない。という表現に似つかわしくない、と思っていたが。

「日本中、どこへ行っても、保険証一枚で、3割負担で、診療を受けることができる。」ことが、信じられないくらい素晴らしいものだ、と思われている。手術一つで、財産をなくすそうだ。お金持ちは、企業保険や個人保険で賄っている。ほとんどの一般人は、だから、病気になっても病院に行かない。

アメリカの医療や、病気に関する生活状況を読むと、今まさに、日本が、その状況になろうとしているのがよくわかる。日本が明らかに、後を追っているアメリカ。儲け主義。企業の論理が(企業の論理だけが)まかり通る。「経済第一・景気回復」を掲げる日本の行く末が見えるよう。経済のグローバル化。全ての規制の緩和政策。関税を引き下げ、世界の企業が日本の産業に乗り出してくる。アメリカ産業界が、次にねらっているのは、日本の医療だそうだ。大企業が競争に勝ち、貧富の差は拡大する一方。

(と言っているうちに、TPP協定は、大筋合意に達したとか。日本の農業が危ない。)

「貧困大国アメリカ」(岩波新書 出版)に引き続き、大国アメリカの病部を取材、研究している。ニューヨークで生活し、9.11を体験した著者が、「以前は好きだったのに」の、アメリカに対する思いと、日本に対する警告を発している。

 

お勧めの本2.

今を話題の白井聡・著「永続敗戦論」(太田出版)

例えば、「しかし、こうした政治家個人の手腕の拙劣さに議論を収斂させることは、問題の著しい矮小化以外の何物でもなかった。」などという、文体の難解さに、ちょっと「カッコええ」と思ってしまう。しかし、今まで、なんとなく、思っていたことが、はっきりと断定され、「あ、やっぱりそうか、すっきりした。」と思え、「そこまで、思わなアカンかったんか。」と、引き込まれる。

第2次大戦の終結を「敗戦」と呼ばず、「終戦」と呼ぶことが、戦争の責任を決して取ろうとしない、「戦後」の政府の態度を示すものであり、歴史認識を加害者ではなく、被害者として固定してきたやり方が無責任そのものである。と。まだ、読んでる途中です。

読書の秋ですが、しんとした秋に、しんと読める本ではないです。安全保障関連法が、成立した今、改めて、反論のための論理構築に備えたい。

2015.10.30久保秀美

| | トラックバック (0)
|

戦争と平和を考える

こんにちは、昔お姉さん、そしてスウィーツ部長のいたっちです。

気候も良くなって過ごしやすくなりましたね。となるとどこかへ行きたいモードになり、そうだ広島には、行かなければならないと思い、いってきちゃいました。
広島といえば、やはりこれですね。

Img_0047
世界遺産、原爆ドーム。
有名すぎる世界遺産なので、本当にいろんな国の人がたくさん見学をしていました。
70年前の8月6日にこの場所で何が起きたのか、と多くの人が思いをはせていたと思います。
そんな場所のすぐ近くにある川沿いのおしゃれなカフェで、おいしいピザを食べながら、かつて地獄だった場所が今は天国のような感じで不思議な気分でした。
Img_0048_2
このピザ。めっちゃおいしいやん。
マンゴジュースもおいしい(^O^)

お客さんは、海外の人が半分ぐらいで、スペイン語?フランス語?ロシア語?そんな会話の声が聞こえてきました。








お昼ご飯の後、平和公園内にある平和資料館へ
フラッシュをたかなければ写真はとってもよいとのことだったのだけど、ここはとてもじゃないけど写真は撮れませんでした。
人もたくさんいるのに、とても静か。
世界中の人が皆、祈りの気持ちで見学しているのかな~~

Img_0055そして、もう一つの平和資料館『袋町小学校平和資料館』にも行ってきました。

裸足で運動場にいたため先生に叱られて、コンクリートの建物の地下にある下駄箱に靴を取りに行った瞬間に原爆がさく裂。
校庭にいた児童と先生は即死だったとか。。。涙
救護所になったため、家族の安否、自分の無事を告げるために、壁にチョークで文字を残した人が大勢いたとのこと。
今もその文字は保存されています。
どんな思いでこの文字を書いたんのでしょうね。
広島に行かれる予定がある人は、ぜひともこの資料館にも足を運んでください。

2日目は、広島の隣の呉に行ってきました。
前もって申し込んでいた海上自衛隊の官舎と艦艇の見学に行ってきたのです。
Img_0082_2呉にある海上自衛隊総監部。
映画のロケにも使われた場所で、建物の外観を敷地と見学しました。
マニアックだなと思っていたら、観光バスで町内会とおぼしき年配の男性グループのほか、耳の不自由な人たちのグループ、私のようなお姉さん?一人旅の人などいろんな人がいましたね。
午後からの艦艇の見学は、官舎の見学以上の人がいっぱいでした。
Img_0118_3
人の好さそうな、自衛隊の人が受付と案内をしてくれて艦艇に乗船。
写真はご自由に質問もご自由にとのこと。
気になったのは、船に乗っている若い自衛官の眉毛がそりすぎで、「それ、マジでかっこいいと思ってやっているのですか?」と聞こうと思ったけど、空気読めと怒られそうなのでやめときました。
(どう見ても、昔のヤンキー崩れみたいなんだけど。)

写真に写っているのはミサイルの発射台。
人のよさそうなオジサン自衛官とヤンキー崩れ君がこのボタンを押すことがないことを願います。

自衛隊見学の後は、呉といえば~そうです大和ミュージアムへImg_0143

子供のころ宇宙戦艦ヤマトに夢中だった私は(年代ばれますね)ヤマトそっくり!!とお子ちゃま気分で見学をしていたのですが、館内で大和の悲劇を見ていると。。お子ちゃま気分は吹っ飛んでしまいましたね。
何名かの

乗組員の写真と当時の年齢、その後はどうなったのかというのがありました。
まだ少年のようなあどけなさの残る写真。
18歳、22歳。。。一番楽しいときだったはずなのに。
もっと違う時代に生まれていたら、彼らは青春を謳歌していたことでしょうね。つД`)・゚・。・゚゚・*:.。
大和以外の戦艦も同じような運命をたどったとのこと。
戦争になったら、真っ先に若い人が犠牲になる。
広島の惨状ともに、絶対に戦争はあかんと改めておもいました。

戦後70年、戦後が100年、1000年と続きますように。
安保法案が廃案になりますように。
ヤンキー崩れ君が、かつての大和の乗組員のようになってほしくないなと潜水艦の形をしたおいしいクッキーを食べながら思った戦争を平和を考えるスウィーツ部長なのでした。

Img_0152
























| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

3度目の正直、、

更新遅れてすみません、ハヤシダです。ブログを打つのは今日で3回目です、火曜日は自宅のパソコンで打って消える、水曜日は私用携帯で打って消える、そして今日、、どうでしょう?


で、今回は6月のバリ島旅行の事を書きます。昨年もこんな感じで報告&写真でうめてましたね・・・


今回も目的地は山側のウブド、だって、海は塩辛いし、海に入ったら目が痛いし、日焼けしたらヒリヒリするし・・・。


ウブドに何回も行くってことは、何か惹きつけるもんがあるんやろ、って思ってません?
Photo_14

町を歩くと、、、


Photo_15
Photo_21









こんな風景に出会え






Photo_22


Img_2320_5


ホテルからはこんな風景が・・












Photo_24


神の使いの猿と戯れたり

Photo_26

毎日ビールを飲んでみたり(これはどこでもできるね)







何かホッとできるんですわ。。でもね・・・

Photo_28
歩道はこんな感じ。去年も一昨年も同じところに穴がある。
蓋をかぶせてんねんけど、ズレますねん。気を抜くと足がはまってしまいます。
Photo_30











だけど、ウブドが好きですねん。大きな理由はないけど(結局ないんかい!!)惹きつけられます。また行きたいです。


よくわからん報告になってしまいました。ま、いつもの事やけどね。



今年はもう1か国、20年ほど前に中国南方の厦門からボーっと眺めていた台湾に行きます!!中国に何回も行ってたのに台湾は初めて、楽しみにしています。


ハヤシダでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧