« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

抜ける~猫毛~

 こんにちは、こんばんは、おはようございます。

最近自転車通勤に移行中の青い馬です。サイクリングが気持ちいい季節ですね。

 

暖かい季節から暑い季節になってきましたが、うちのオスカー(猫)も夏スタイルにチェンジ中といったところです。

「換毛期」というやつに入りました。毛が抜けます。ものごっつい抜けます。

抜け毛用のブラシというか櫛でとくと、抜ける抜ける!30分ぐらいブラッシングしてもまだまだ抜ける!「こいつ禿げるんちゃうか!?」と思うぐらい抜けます。これが1ヵ月から2カ月続くらしいです・・・。ブラッシングは嫌がらずに気持ちよさそうにさせてくれるのでまだましなのかな。

 

そんなオスカーですが青い馬の使うカバンがお気に入りらしく、カバンの上で寝たり隠れたりして遊んでます。

Photo_5




そしてカバンを使おうとすると…毛だらけです!

 

寝る場所はいつも使ってるカバン、リラックスする時はトートバッグ、夜中にぐっすり寝る時はリビングの椅子の上。

 

夜中にリビングの椅子の上を見ると!

Photo_6

スマホの充電器に充電されてる!・・・ように見える位置に寝てただけか。

Photo_7

 

その後、トートバッグに移動して猫カバン要塞に配備!

Photo_8

猫カバン要塞発動!(キュピーーーン!!)

 

とわけのわからん事になってます。

Photo_9

とにかく、ゴロゴロ転がったり一人運動会始めたりで楽しく生活しているオスカーでした。

 

 

次回ここに書くときには換毛期終わってるよね?

1の長距離サイクリングが楽しみな青い馬でした。

 

それではまた

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

着実な加齢

)

自然が良いといいながら、「若いわね」は、うれしいよね。

私の場合:加齢により、まず「白髪」。40代。初めは、白髪染めを自分でしていた。母は、白髪を抜いていた。

次に「老眼」。40代前半。メガネを作った。どんどん進んでいるようで、また新しくせねば…

「閉経」。ま、楽になったか。抗菌力、抵抗力もなくなるようで、感染症になったりする。40代後半。

「50肩」。痛い、痛い。けど、半年くらいで、なくなった。あれは、何やったや?

歯。小さい時から、虫歯がなかったので、「シソーノーロー」と言われたときは、びっくり。50代。安易に奥歯から、どんどん抜いてしまった。今は、できるだけ抜かないように。同い年の同居人は、とっくに歯は一本もないが。

次に、「肩こり」「眼精疲労」首筋痛い、痛い。若いころ、肩こりなどしたことなく、同い年くらいの女性が肩をもんでもらって、「気持ちいい」と言うのを、いいことに、私の肩も揉もうとする人の手を振り払っていたのに。眼の各部の機能低下ってことね。要するに、メガネが合わないの?「見る」から「聞く」へシフトしたいと言いながら、してないものね。50大後半。(「仕事」から「私事」へ。「豊中」から「宝塚」へのシフトも、全然できてないけど。)

リウマチ?元々、軟骨弱かったか。最近、手の指がゆがんできている。指関節が膨らんで、痛い。母も、そうなっていた。指関節だけであるはずあるまい。足指も痛くなってきた。体中の関節が縮んできている?背は確実に低くなった。60代前半。

で、大腸ガン。57歳。

手術後、お腹が出てきた。手術に関係なく、加齢によるものだろう。体重は増えてない。どこ減ったん?

着実にあちこち悪くなっているわね。

しかも、気も短かなった?イライラする!紐がこんがらがったり、ひっかかったりしたら、イライラッ!引きちぎったろか。

体力、気力、根気もなくなった。

こんなマイナス思考のブログを挙げること自体、アカンてか?

60歳定年って、ええ感じなのかも。などと思う、もうすぐ67歳。

久保秀美

| | トラックバック (0)
|

お世話になりました

こんにちは。

スイーツ部平部員のくばです。

実は。

この度退職することになりました。

経理担当者としてサポネにお世話になるようになって早、3年半。

自由に仕事をさせてもらい、楽しく過ごさせていただきました。

今後は、道半ばで放り出してしまった資格取得の勉強の再開と、

お仕事を一から勉強し直したいと思っています。

頭の固い私にとって、様々な価値観と共存するサポネスタイルは

とても刺激的で、勉強になるものでした。

ここで学んだことは、今後の私の人生にとって宝物になると思います。

本当にありがとうございました。

今後は、スイーツ部の活動のみの参加となりますが、サポネのことを

外から応援しています!

ありがとうございました!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »